Basement・・・これぞ地下室

これぞ地下室!

誰からも邪魔されない「宇宙」から世界へオーディオ趣味を発信

 地下室といってもいろいろな地下室があります。
このページからはこれらの地下室実例をご紹介いたします。
(地下室実例はコンテンツ加工終了の事案から順次アップいたしております。

先頭画像について

この地下室はわずか12坪=24畳(階段室3畳含む)ですが、一人で楽しむプライベートの地下空間としては大きな地下室でやや贅沢な感じでしょうか。

オーナーはオーディオ鑑賞が趣味でこの空間はご自宅の建替えに合わせて私たちにリクエストしてこられました。

建物は12坪X3層=36坪の住宅です。
(全体工事費ははじめからかなり圧縮された予算でした<笑い>のでほとんど贅沢はしていませんが基本仕様は確保しています。)

仕事から帰ると時間を忘れて正面の大型スピーカーの自作に没頭し、朝になると仕事に出かけるという毎日だったとこれまでを振り返られてお話くださいました。

また、最近のメールでは、この趣味が世界を駆け巡ってフランスのオーディオ雑誌の編集者の目に止まり、昨年末に取材を受けたそうです。

私も過日体験させていただきましたが、この自作スピーカーが唸るときは音圧で約120dBという爆音になり、完全に地下室自体がスピーカーの箱になるので“心身ともに音の中に身を置く”感覚となります。

聞き始めはうるさい感じで「オイ!オイ!」と思っておりましたが、5分もすると不思議なもので私の耳はこの爆音を自然に受け入れて『心地よくなっていく』のが不思議です。

ちょっと癖になってしまいます。

最近ではオーナーを知る音響ファンが徐々に増え始めているそうで、こうしたファンのために1本1本スピーカーを作って差し上げて、とうとうこの趣味が嵩じて事業化を進めているのだそうです。

ともすると、自己満足で自己に埋没しがちな私たちの趣味ではありますが、こうして原点となる「地下室」を手に入れたところから進化が始まり、これが徐々に花開いて事業化へと進み、意気揚々と日々を楽しむオーナーを拝見して、私もとてもうれしく思います。

「地下室」とのご縁に感謝しています。

(お客様の近況から:小杉卓)