【東京都中野区】大型建設機械が入れない変形旗状狭小地に地下付狭小住宅を設計監理

耐圧盤コンクリート打設

分離発注工事・・・建物基礎部分のコンクリート打設を行いました。

コンクリート打設を開始しました。まずは雨水ピットや基礎梁等の打設を行います。

コンクリート打設を開始しました。まずは雨水ピットや基礎梁等の打設を行います。

コンクリート圧縮試験用テストピースを採取しました。

コンクリート圧縮試験用テストピースを採取しました。

外側から内側に向かって打設をしていきます。

外側から内側に向かって打設をしていきます。

コンクリート打設終了後、トンボで均し、最後に金ゴテで押さえて完了です。

コンクリート打設終了後、トンボで均し、最後に金ゴテで押さえて完了です。

<1--/.genba_now-thumbnail -->

耐圧盤配筋検査

地下耐圧盤と壁の鉄筋工事の配筋検査を行いました。検査は当社による設計事務所検査(工事監理者検査)を実施しました。

地階の耐圧盤(地下の基礎となる床版)と壁の配筋を構造図と照合し、確認を行いました。

地階の耐圧盤(地下の基礎となる床版)と壁の配筋を構造図と照合し、確認を行いました。

鉄筋径、鉄筋間隔、耐圧盤への定着長さ、鉄筋のかぶり厚さ、端部補強筋などの項目をチェックしました。

鉄筋径、鉄筋間隔、耐圧盤への定着長さ、鉄筋のかぶり厚さ、端部補強筋などの項目をチェックしました。

<1--/.genba_now-thumbnail -->

墨出し

捨てコンクリートが打設され、本日は墨出しを確認しました。墨出しを確認した後、鉄筋工事が開始されます。

地下部分の捨てコンクリートの打設を確認しました。この捨てコンクリートの上に実際の基礎平面形状を作図します。

地下部分の捨てコンクリートの打設を確認しました。この捨てコンクリートの上に実際の基礎平面形状を作図します。

地下部分の墨出しを確認しました。地下の内法寸法や壁の位置、壁の長さ等の寸法が設計図と同じであるか確認を行います。

地下部分の墨出しを確認しました。地下の内法寸法や壁の位置、壁の長さ等の寸法が設計図と同じであるか確認を行います。

壁厚さの確認をしました。必要壁厚さを十分確保できていることを確認しました。

壁厚さの確認をしました。必要壁厚さを十分確保できていることを確認しました。

<1--/.genba_now-thumbnail -->

山留め杭工事

山留め杭の施工を開始しました。地下外周の土留めを行うために杭を打ち込みます。

あらかじめアースオーガーで削孔した部分に山留め杭を打ち込みました。

あらかじめアースオーガーで削孔した部分に山留め杭を打ち込みました。

こちらアースオーガーです。

こちらアースオーガーです。

<1--/.genba_now-thumbnail -->

地縄張り確認

地縄張りが行われたので、図面通りの位置に張られているか確認を行いました。

建物の角をポイントに赤い紐が張られています。

建物の角をポイントに赤い紐が張られています。

隣地境界までの距離や、 建物が土地のどの位置に来るのかが、 目視できるようになりました。

隣地境界までの距離や、 建物が土地のどの位置に来るのかが、 目視できるようになりました。

隣地との境界にブロック塀を新たに設け、施工が完了しました。この上にフェンスを設置します。

隣地との境界にブロック塀を新たに設け、施工が完了しました。この上にフェンスを設置します。

<1--/.genba_now-thumbnail -->